事業の実施体制等

実施体制

推進拠点として事業責任者(島根大学)が調整するとともに、各大学にコーディネータを配置し、定期的に事業の進捗状況や問題点、課題等について議論する。
また、各大学に事業事務部門として「地域包括ケアステーション」を新たに設置し、事業の事務的調整を行う。
事業開始後には各関連団体との協議後、速やかにライフイノベーションコンソーシアムを設立し、これにより地域包括ケアを提供する関連団体との調整を図り、円滑な運営を行う。


連携体制(連携大学、自治体、地域医療機関、民間企業等との役割分担や連携のメリット等)

島根大学は「主導的地域包括ケア人材養成拠点」、神戸大学は「グローバルリーダー養成拠点」ならびに兵庫医科大学は「都市型地域包括ケア人材養成拠点」と位置づけ、地方と都会の大学の利点を生かした連携となっている。
また、地域包括ケアでは各関連団体との調整が不可欠で、本事業終了後も継続すべきものであるので、ライフイノベーションコンソーシアムを設立し、円滑な協力・連携を図る。
これに参加する自治体は、地域包括ケアに関する厚生行政上の役割を担当し、島根大学と兵庫医科大学は関連諸機関の調整を図る。
また、地域医療機関や介護施設等は実際に包括ケアを実践する現場として、医療人材が実習する場を提供するとともに地域包括ケアでの実際に関する知識、運営上の問題点や課題を中心とした研究資料の提供を行うことで、地域包括ケアに資する医療経営や臨床研究が可能となる。
また、神戸大学の地域医療活性化センターの活用とともに3大学の診療科間交流もブラッシュアップに貢献できる体制となっている。


評価体制

本事業に事業評価委員会を設置し、事業評価委員長のもと、各大学には学内及び関連施設から事業評価委員を選出する。
各年度末には事業評価委員会を開催し、評価指標に基づき検証・評価を行う。
また、当該年度の問題点や課題について議論し、フィードバックを行う。
加えて、ライフイノベーションコンソーシアムの活動状況等を把握・評価するため、コンソーシアム内に運営委員会を設置し、各関連団体の代表者等が会に参画する。
なお、年度毎にコンソーシアムの活動内容を評価し、事業評価委員会に報告することとする。